シミウスが効果がないシミってあるの?シミの種類は?

保湿も美白もできるオールインワンジェルとして、人気になっているのがシミウスです。

シミが小さくなったとか薄くなったという口コミも多く、シミを予防するだけでなく改善する効果にも期待できるんです。シミにも色んなタイプがありますから、シミウスでは効果のないシミというのもあります。

そんなシミのタイプによるシミウスの効果について紹介しましょう。

シミウスで薄くできるシミのタイプ

プラセンタとグリチルリチン酸ジカリウムの2つの成分が、シミの元メラニンに働きかけてくれて、シミを予防してくれます。そんなシミウスの効果が実感しやすいシミのタイプを紹介しましょう。

老人性色素班

いわゆる普通のシミで、紫外線などによってメラニンが過剰分泌され、肌に定着してしまったシミですね。
老人性と名前が付いているように、年齢を重ねるほど目立ちやすくなるシミで、ターンオーバーの乱れから起きてしまいます。
このタイプはシミウスが得意とするタイプですから、徐々に薄くしていくことができます。

雀卵斑

いわゆるそばかすのことです。
遺伝性の原因による場合がほとんどですが、年齢と共に薄くなる傾向がありシミウスでもケア可能です。
紫外線を浴びるとそばかすも濃くなってしまいますから、シミウスと合わせて日焼け止めもしっかり塗りましょう。

肝班

ぼんやりじみなどと呼ばれることがある肝班は、ホルモンバランスの崩れが原因になっています。
ホルモンバランスを整えながら、美白ケアするのが効果的ですから、シミウスを毎日使うのがおすすめです。

炎症性色素沈着

赤ニキビや虫さされなど、炎症が原因で色素沈着してしまったシミです。メラニンの過剰分泌が原因ですから、シミウスでも効果があります。

シミウスでは効果のないシミのタイプ

シミウスも万能ではありませんから、効果のないシミのタイプというものがあります。そんなシミウスでは消したり予防したりできないシミのタイプを紹介します。

花弁状色素班

強烈な日焼けによってできてしまったシミで、花びらのように点々とシミが広がっているのが特徴です。
背中や肩などにできることが多く、広範囲に広がっていてダメージも大きいです。シミウスを塗ってもほとんど効果がなく、消すにはレーザー治療が必要ですね。

脂漏性角化症

黒っぽくイボのように盛り上がったタイプのシミです。高齢者に多く見られ、こめかみや額にできてしまいます。
ほくろをシミウスでは消せないのと同じで、盛り上がったタイプのシミはシミウスでもやはり消すことができません。
化粧品では消すことは不可能ですから、病院でレーザー治療を受けるのが一番です。

シミを少しでも薄くするための使い方

目立つシミは少しでも早く薄くしてしまいたいですから、シミウスの効果的な使い方を知っておきましょう。
ただ肌のなじませて塗るだけでなく、マッサージしながら塗り込んであげるのが大切です。
しっかりしたテクスチャーですから、肌と指との摩擦が起きにくいです。
マッサージしてあげると血行促進効果で美白成分の浸透もよくなって、肌の奥まで成分を運んでくれます。
肌の血色がよくなったりたるみケアにも効果的ですから、説明書を見ながらマッサージにトライしてみましょう。

スペシャルケアにも活用

週末など時間がある時には、シミウスで美白パックしてあげましょう。
スキンケアする時よりもたっぷりとシミウスを肌に乗せてあげて、後は放置してパックするだけです。

お風呂上りなど、肌が温まっていると浸透力がアップしますから、絶好のパックのタイミングですね。
シミウスをフル活用してあげれば、それだけシミも早く薄くなってくれます。

効果のあるシミにはじっくりシミウスを使うこと

シミにも様々なタイプがあり、6種類のうちシミウスで効果があるのは4種類です。残りの2種類はレーザー治療など、医療期間でしか消すことができないんですね。

効果のあるシミのタイプならじっくりシミウスを使っていけば、徐々に効果が実感できるようになります。コツは毎日継続して使い続けることで、少なくとも3ヶ月以上は継続するようにしましょう。