シミウスの使い方は?

シミウスは、一つの商品で10個の役割をしてくれるオールインワンジェルです。クレンジング、洗顔の後使う通常の使い方もありますが、マッサージにも適しています。
マッサージをするときの使い方はどういった感じなのでしょうか。

まずはリンパ節をほぐしていきます

頬全体を包むように手を当てて指を上側にして、親指で両耳の下を押していきます。少し痛いくらいの程度で、ぐりぐりとほぐしていきます。

慣れない間は違和感と少し痛いかもしれませんが、次第に気持ちよくなっていきます。慣れてくるとそのツボの位置が良くわかるようになってきます。

次に頬の上の部分をほぐします

手をグーの状態にして、頬に当てます。第二関節を肌にあてる感じで、ぐりぐりと押していきます。

頬の筋肉でこりやすい部分ですので、ここもまた少し痛くなるような感じで押していきます。頬の下にグーで押し込み様な感じです。

コリがほぐれてくると、全体的に柔らかくなってくるような感じになってきて、暖かくなってきます。表情筋が豊かになっていくようです。

指の頬をつかって目じりに向かって流していく

顔全体を手で包むようにして指を上側にして、リフトアップするような感じで、手と指を押し上げる感じで上げていきます。

そのまま手のひらをつかって、顔のほおもこめかみに向かってあげていきます。最後に最初の耳の下に流していくような感じで、流していきます。

最後はその手を鎖骨に流していきます

耳の下にもっていった手の指をそのまま首に沿って鎖骨に流すような感じで、手を当てていきます。
そのあと、鎖骨は内側から三か所くらいギューッと押していくのが良いです。

ここまでくると首の周りが重かったのが軽くなり、頭の重みからくる肩こりがほぐれたような感じなります。
慣れてくるとスムーズに行えるようになり、血行が良くなりますので、肌の色が白くなり、明るくなっていきます。

リンパマッサージはエステでも使う手法

顔の周りのリンパを流すのは、実際エステでも使う手法です。
顔回りのリンパを何度も流すことによって、それだけで顔色が明るくなって、エステに行く前後では全く違うこともあります。
血行を促し、溜まった老廃物を流していきます。
首回りまで軽くなったように感じて、エステ後は身体が軽くなったように感じます。

シミウスはマッサージに適している

シミウスはマッサージに適しているということは、それだけ肌にとって優しいということが言えます。
長時間肌にのせ、時には肌に押し込むように使いますが、肌が荒れるようなことがありません。デコルテも一緒にきれいになることができるので、女性の顔回りが明るくなります。

口コミでも評判

「コンシーラーがいらなくなった」「姉妹に肌がきれいになったと言われた」「全くよれないでファンデーションがぬれる」との声があります。
普段からあっている姉妹から肌がきれいになったと言われることは、それだけ変化があるということですし、コンシーラーを使うほどのシミが気にならなくなったとは、効果がありそうです。
ジェルで浸透しないで化粧がしにくいなどの悩みはないようで、ファンデーションが塗ることができるのは、便利な商品です。

まとめ

シミウスはマッサージすることで、本来の効果の相乗効果もあるようです。顔だけでなく、顔回りのリンパを流して、血行を良くして顔色を明るくしていきます。
デコルテもきれいになりますので、女性の顔色を明るくしていきます。

オールインワンジェルは複数種類がありますが、マッサージに適しているタイプのものはなかなかありません。
シミウス おすすめは美白に悩む女性にとって、役に立つ商品になってくれそうです。
返金保証もありますので、安心して試すことができます。